本文へスキップ

電話でのお問い合わせは075-256-3068

〒604-0835 京都市中京区御池通間之町東入 
御池ビル3階


弁護士・弁理士紹介HEADLINE

三木 善續 (みき よしつぐ)

 略歴  昭和34年 大阪大学法学部卒業 
   昭和39年  弁護士登録
   昭和43年4月  京都産業大学法学部講師
   昭和47年4月  京都産業大学法学部助教授
   昭和54年4月  京都産業大学法学部教授
   昭和60年3月  京都産業大学法学部を退職
   昭和60年4月  京都産業大学法学部非常勤講師
   昭和63年3月  京都産業大学法学部非常勤講師を退職



伊原 友己 (いはら ともき)

 略歴  昭和59年3月  京都産業大学法学部卒業
   平成2年4月  弁護士登録(京都弁護士会)
   平成2年4月〜
 平成12年3月
京都産業大学法学部講師 
   平成3年1月 弁理士登録 
   平成14年4月〜
 平成21年3月
 立命館大学大学院法学研究科講師
   平成15年4月〜
 平成17年3月
 龍谷大学法学部客員教授
   平成16年4月〜
 平成17年3月
 関西大学法学部講師
   平成17年4月〜
 平成22年3月
 龍谷大学大学院法務研究科客員教授
   平成17年〜  弁護士知財ネット理事
   平成17年6月〜
 平成21年5月
 日本弁護士連合会・知的財産制度委員会委員
   平成18年6月〜
 平成21年5月
 日本弁護士連合会・知的財産政策推進本部委員
   平成19年4月〜
 平成20年3月
 京都大学大学院医学研究科 非常勤講師
   平成21年6月〜  日本弁護士連合会・知的財産センター委員
   平成21年4月〜  立命館大学院法務研究科非常勤講師
   平成22年〜
 平成24年度
 日本弁護士連合会知的財産センター副委員長
   平成25年度  日本弁護士会知的財産センター事務局長
   平成26年度  日本弁護士会知的財産センター委員長
   平成28年4月〜
 平成30年3月
 同志社大学・大学院・法務研究科非常勤講師
   平成29年度〜 日本弁護士会知的財産センター 副委員長


 著作
分担執筆
 『特許・実用新案・意匠・商標 Q&A』 (平成11年  日刊工業新聞社)
   『シミュレーション新民事訴訟』
(平成9年〜平成11年判例タイムス連載、平成14年 信山社より単行本)
 
   『不正競争の法律相談(改訂版)』(平成11年 青林書院)  
   『判例・意匠法』 (平成11年 発明協会)  
   『判例・ライセンス法』 (平成12年 発明協会)  
   『判例・著作権法』 (平成13年 東京布井出版)  
   『特許・実用新案の法律相談 (増補版)』 (平成16年 青林書院)  
   『意匠・デザインの法律相談』 (平成16年 青林書院)  
   『植物新品種保護の実務』 (平成16年 経済産業調査会)  
   『改訂2版 シミュレーション特許侵害訴訟〜平成17年4月施行改正法対応版〜』
(平成17年 経済産業調査会)
 
   『農林水産事業者のための知的財産法入門』(平成18年 経済産業調査会)  
   『新・注解 不正競争防止法【新版】 上・下』(平成19年 青林書院)  
   『知的財産契約の理論と実務』(平成19年 日本評論社)  
   『商標・意匠・不正競争判例百選(別冊ジュリスト188)』(平成19年 有斐閣)  
   『最新判例知財法〜小松陽一郎先生還暦記念論文集〜』(平成19年 青林書院)  
    『不正競争の法律相談』(平成22年 青林書院)  
    『実践 知財ビジネス法務−弁護士知財ネット設立5周年記念−』(平成22年 民事法研究会)  
   「特許要件−進歩性(2)・進歩性判断傾向の推移について説明せよ」(「特許権侵害紛争の実務」〔小松陽一郎先生古稀記念論文集〕(平成30年 青林書院)  
   「攻めの農林水産業のための知財戦略〜食の日本ブランドの確立に向けて〜《農水知財基本テキスト》」【監修】(平成30年 経済産業調査会)   
 

伊原 節子 (いはら せつこ)

 略歴    関西学院大学法学部法律学科卒業
   平成14年  弁理士登録 (専門分野 商標)